FC2ブログ
  • 館内放送 [ツイッター]

    キンコンカンコーン・・・うみゃーだよ。館内放送だみゃ。
    ・・・・・キンコンカンコーン・・・ブツ
  • 町内会からのお知らせ [相互RSS]

ネタバレなし映画レビュー『シンドラーのリスト』 如何にしてシンドラーはユダヤ人を救ったか。



今回レビューする映画は、映倫PG15+作品となります。閲覧にはご注意ください。



ネタバレなし
このレビューは、ストーリーの核心部分や結末には触れていないのでまだ観ていない方も安心してほしいみゃ。
うみゃー

座談会、今回は「シンドラーのリスト」についてだよ。
にゃーさん


引用:http://movies.yahoo.co.jp/movie/

作品データ
公開日:1994年2月26日
ジャンル:ドラマ/戦争
映倫:R15+





第二次世界大戦。ナチス。暗黒時代。
引用:http://movies.yahoo.co.jp/movie/

この映画は1939年から始まる"第二次世界大戦"時のナチスドイツによるユダヤ人へのホロコースト(大量虐殺)を扱った作品なんだ。

戦争の映画は怖いシーンがいっぱい出てきそうだから苦手だみゃ。

うみゃ~さんの言うとおり、この映画はかなりショッキングなシーンがあるよ。しかもかなり多めに。

195分と尺の長い映画で、残酷なシーンがいっぱい。苦手な人には辛いかもしれないね。



ドイツ人実業家「オスカー・シンドラー」
引用:http://movies.yahoo.co.jp/movie/

この映画の主人公「オスカー・シンドラー」はドイツ人の実業家なんだ。

ナチスの党員でもある彼は、この頃はまだユダヤ人を”単価の安い労働力”としか見てないんだ。

他のナチス党員とあんまり変わらないみゃね~

そんな彼が1100名以上のユダヤ人を救った「聖人」となるに至った過程も大きなテーマの一つだよ。



赤い服の少女
引用:http://en.wikipedia.org/wiki/Schindler%27s_List

この映画は冒頭と最後以外は"モノクロ映画"なんだ。

しかし唯一の例外がこの「赤い服の女の子」。
この子の赤い服だけはカラーなんだ。

劇中ずっとモノクロだったのに、突然カラーが出てくると目を引くみゃね~

「シンドラーのリスト」と聞いて、まず思い出すのがこの「赤い服の女の子」って人も多いんじゃないかな。

モノクロのルールを破るくらいに衝撃的なこの”赤”は、シンドラーにとってどういった意味を持つのかも要チェックだ。

最近ではアイススケートの「リプニツカヤ選手」がこの赤い服の少女を演目に選んだことも記憶に新しいね。

スケートリンクの白銀と衣装の赤いドレスがこの映画とマッチしていて素晴らしかったよ♪

リプニツカヤ選手もこの映画に深い思い入れがあるみたいだみゃね~



歴史映画の観方
「シンドラーのリスト」に限らず、歴史を扱った映画全般に言えることだけど。

こういう映画は歴史を知るうえでの”入門書”としては大変優れていると思うけど、内容をそのまま歴史的事実として捉えるのはかなり危険だよ。

物語としてまとめるにはどうしても”脚色”が必要だからね。

映画を観て興味を持ったら、それぞれの事象について色んなソースからきちんと調べることが大事だよ。

わかったみゃ!



まとめ
192分の長い尺。モノクロ映画。残酷なシーンの連続。

最近の映画に慣れている人にとっては観るのに苦労する映画だけど、”名作”と言われるにはきちんと理由がある。

覚悟を決めたらレッツ視聴♪

関連記事
この記事へのリアクション

コメントの投稿

非公開コメント




タグ:映画 レビュー 感想 シンドラーのリスト

プロフィール

うみゃー・アパカ

Author:うみゃー・アパカ
UMYA.net公式ブログです。
ツイッター:umya_net


リンクフリーです!
アドレス:http://umyanet.blog.fc2.com/

公式ホームページ

ラインスタンプ配信中!

リンク



スマホアプリ配信中

黄金疾走

スポンサード

人気商品

Powered by amaprop.net